<日本酒タイプ分類> グラフの見方

日本酒の4タイプ分類は日本酒の味わいの違いをわかりやすく伝えるために、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)によって考案された分類です。
グラフは、「味」と「香り」の2つの軸で日本酒を分類しており、日本酒を下記の4つのタイプに分類しています。

『香りが高い』タイプ(香りが高く、味が若々しい)
『香りが高い』タイプ
果物や花のような強い香りと、酸味や苦み等バランスのとれた軽快な口当たりが特徴です。香りが強いので、淡白な素材を用いた風味付けがあまり強くない料理とよく合います。
相性の良い料理
白身魚の刺身、おひたし、生春巻き、ボイルタラバなど
このタイプの代表的なもの
大吟醸酒、吟醸酒など
『熟成』タイプ(香りが高く、味が濃厚)
『熟成』タイプ
ドライフルーツやスパイスの混ざったような複雑な熟成香を持ち、とろりとした甘味や深い酸味、ボリューム感のある旨味が共鳴する力強い味わいが特徴。お酒自体の個性的な風味は濃厚な味付けの料理・食品と相性抜群です。
相性の良い料理
ビーフシチュー、ブルーチーズ、ウナギの蒲焼、ピータンなど
このタイプの代表的なもの
長期熟成酒、古酒
『軽快で滑らか』タイプ(香りが低く、味が若々しい)
『軽快で滑らか』タイプ
味わいはほのかに甘く、キレの良いスッキリとした呑み口が特徴。基本的にはどんな料理にも合いますが、脂肪分の多い料理と反発してしまう場合があるのであっさりした料理との組み合わせがよりお勧めです。
相性の良い料理
そば、冷奴、八宝菜、出し巻き玉子など
このタイプの代表的なもの
本醸造酒、生酒など
『コクがある』タイプ(香りが低く、味が濃厚)
『コクがある』タイプ
原料である米を想わせる落ち着いた香りと、長く余韻を残す深い旨みが特徴。生魚を使った料理よりもしっかりとした味付けの料理や、バターやクリームを用いた洋風料理と組み合わせることで深い旨みをより一層楽しむことができます。
相性の良い料理
煮物、酒盗、すきやき、サバの味噌煮、酢豚など
このタイプの代表的なもの
純米酒系、生もと など

参考:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会 日本酒の4タイプ分類